トップB

トップA

こちらから購入♪
(※値段は変動するみたいです)
↓↓↓↓↓↓


ユークロマクリームの購入はネットが安い!

シミを消す効果が高い事で、巷で人気のユークロマクリーム。

そんなユークロマクリームは、病院で処方してもらうとちょっとお高めですよね。

購入する際はネットがおすすめなのですが、特に口コミも豊富で購入しやすいのがオオサカ堂という個人輸入代行サービスサイトです。

かなり昔からあるネット薬局で、海外から輸入している割に届くのも早く、安価で買えるので非常に便利!

口コミも信憑性のあるものばかりなので、私は初めてユークロマクリームを使用した際は口コミを熟読してからこうにゅうしました。

私が口コミを読んだり実践して、ユークロマクリームを使用する際に気をつけると良い事をご紹介します。

**ユークロマクリームを使う上で気をつける事**

■先に化粧水で肌を保湿するべし

■夜にだけ使うべし

■綿棒を使ってしみのある部分以外には塗らないべし

この3つは絶対に守って使用しましたね。

先に化粧水で保湿しておくのは、ハイドロキノンが非常に強い成分なので直に塗ってしまうとダメージを受けやすいんですよね。

ですから、先に化粧水でお肌の調子を整えて置くと良い感じです。

それでも肌は赤くなったりピリピリしたりしますからね~。

それが効いている証拠でもあるんですけど。

もうひとつ、夜にしか使用しないのは紫外線予防です。

ハイドロキノン(ユークロマクリーム)を塗った上で紫外線を浴びると、なんと紫外線の影響をより強く受けてしまうのだと蚊!

日焼け止めやサングラス、日傘などで紫外線を完全防御できる女性は構わないのですが、私はずぼらなので夜だけにしておきました…。笑

最後に、綿棒を使ってしみ以外の部分には塗らないように気をつけるのは、これまたハイドロキノンの成分が強い為、無駄に肌を荒らさない為です。

ハイドロキノンが肌を綺麗にする際は、必ず一度赤く腫れたりぽろぽろとした肌になったりします。

それはもうひどくて、ファンデーションもろくに塗れない状態です。

部分的な荒れであればマスクなどで隠す事も出来ますが、顔全体が荒れた状態でお外にでるのはなかなか勇気が要りますよね。

それに、治療中の肌はとってもかゆくなります。(もちろん掻いちゃダメ)

この事から、本気でシミを薄くしたい部分以外には塗らない方が賢明だと判断しました。

こちらから購入♪
(※値段は変動するみたいです)
↓↓↓↓↓↓


トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ